いびきの治療は歯科大曽根クリニック

いびきが
気になる方は
睡眠時無呼吸
症候群の
可能性があります

睡眠時無呼吸症候群のうち、上気道の閉塞によるものを”閉塞性睡眠時無呼吸症候群”(OSAS, Obstructive SAS)といいます。中等症~重症OSASの治療には、マスクを介して気道に陽圧をかけるCPAP療法が一般的ですが、軽症なOSASやCPAP療法が困難な方には、OA(口腔内装置)というマウスピースを装着して治療をします。

睡眠時無呼吸症候群の診断を手がけることのできる耳鼻科・内科・呼吸器科を最初に受診して頂き、主治医の診断に基づき当院へ紹介を頂きますとOA作成に入ります。装着後一定期間の後に再び睡眠時無呼吸症候群の判定をし、OA調整をしたり継続使用をしたりして睡眠時無呼吸症候群の治療を行います。

いろいろなタイプのOA(マウスピース)がありますが、当院では患者様に装着の負担をできるだけお掛けしないように、”開口許容型マウスピース”を扱っておりますので、口腔内のストレスに弱い方も一度ご相談ください。

このページの先頭へ