治療法の紹介|大曽根駅で歯科医院をお探しなら歯科大曽根クリニックへ

治療法の紹介

CR充填

歯と同色のプラスチックを詰めます。
目立ちませんが、耐久性は乏しく力の掛かる部位には用いません。

メタルインレー・クラウン

金属を鋳造して、歯に詰めたり被せたりします。
耐久性はありますが、金属色をしていますので見た目がよくありません。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

セラミックほど硬すぎず、プラスチックほど柔らかくない材料がハイブリッドセラミックです。見た目がセラミックほど審美的ではありませんが、メタル(金属)修復に比べれば格段に綺麗です。

メタルボンド

従来からのセラミックの代名詞、見た目は非常に綺麗で本物の歯と見分けがつかないほどです。
金属冠の表面にセラミックを焼き付けたものです。内冠の金属は当院では高品位貴金属を使用します。
安すぎるメタルボンドはここにご注意を!
金属アレルギーの方は注意が必要となる場合があります。(参考

オールセラミック(ジルコニア)

ハイブリッドセラミック

最新のセラミック冠です。
原子炉の核燃料棒の被覆冠にも使われている素材のジルコニウムを応用し、それの上に陶材を焼き付けています。従来のメタルボンドに比べ格段に強度がアップしました。また歯頚部の黒色線が出ないので経時的な審美性も良好です。
金属を一切使用していませんので、金属アレルギーの方にも安心して使用できます。

薬物コーティング・噛み合わせ調整

歯の表面に様々な薬剤を塗布することで、非侵襲的に症状を改善します。歯や体の異常には噛み合わせが原因となっているものがありますが、噛み合わせを改善することで、症状の改善を図ります。

3Mix(スリーミックス)法

虫歯は感染症です。深い虫歯に抗生物質を作用させ、歯髄の温存を図り2次象牙質を作り出すことで、より低侵襲の治療が行えます。

その後

抜髄

虫歯や歯周病が進行して保存不可能になった歯髄を、麻酔下または薬剤により取り除く方法です。消毒後、被覆冠により修復します。

その後

感染根管治療

根管治療

感染して死んでしまった歯髄を取り除き、消毒後、被覆冠により修復します。

その後

貼薬・服薬

歯の根管内や歯周ポケット内に、消炎剤・抗生物質等を貼薬したり、内服薬にて病気の治癒を図ります。

その後

ジェットクリーニング

当院では、クィックジェット、プロフィージェットなどによる歯面清掃を行っています。ご希望の方はお申し出ください。

ホワイトニング

ホワイトニング

歯の表面に漂白の薬剤を作用させ、歯を白くする方法です。歯科医院に来院してチェアーの上で行うオフィスホワイトニングと、患者様が自宅で行うホームホワイトニングがあります。
当院でのお勧めは、ホームホワイトニングです。
時間が2~6週間掛かりますが、より自然な白さを目指すなら絶対ホームホワイトニングのほうが綺麗に仕上がります。

ラミネートベニヤ法

ホワイトニングできない充填等がある場合や、重篤な変色がある場合でもポーセレンラミネートベニア法を用いて綺麗に見せる技術です。エナメル質の表面を0.5~0.8mmくらい削って(もちろん痛くないので無麻酔で)、その後貝殻状に薄く作ったセラミックを歯の表面に貼り付けます。

ポリリン酸配合ジェル

今までの歯磨き剤は、研磨材で汚れを削り取っていましたが、それではすぐに汚れが再付着してしまいます。カルシュウムに汚れよりももっと結合しやすいリン酸を結合させることで、汚れはエナメル質に付着しにくくなる、汚れが落ちやすく歯が白くなりやすいという訳です。

簡単な埋伏歯~困難な埋伏歯

当院で外来手術として対応可、大学病院への依頼もできます。

超困難な埋伏歯

全身リスク患者、神経・動脈などを巻き込んでいる歯などは大学病院へ依頼します。

このページの先頭へ